Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
ヨレヨレおじさんと出会った日
ヨレヨレおじさんとの遭遇は、いまだ新鮮なまま、記憶に焼きついている。

20年以上前のこと。
当時、佐秀会(※)の定期演奏会は、
御茶ノ水にあった日仏会館のホールで行われていた。

小学生だった私は、その日も両親の手伝いと称して、受付近くでうろちょろと遊んでいた。
そこへ、ヨレヨレのポロシャツに、膝がテカったジャージのズボンを履いて、
裸足に埃まみれのサンダルをつっかけた一人のおじさんがやって来た!
ちょっと近所まで散歩に出てきました、という風体だった。
丸いメガネをかけて、まるで、水木しげるのマンガに出てくる河童のようなそのおじさんは、
とてもやさしい、丁寧な言葉遣いで受付の人と話していた。
周りの大人たちは驚き、ざわめき、目を丸くして慌てていた。
あまり物事に動じない(と子供の目には映っていた)はずの母に至っては、
上気した顔でそのおじさんに近づき、サインをお願いしていた。
お母さんがサインなんかもらうんだ!と、びっくりして
「あの人だれ?」と尋ねると、母は「イノウエヒサシさんよ、脚本家の!」と興奮気味に答えた。
その昔、お芝居をしていた母だから、脚本家に会えて喜んでいるのだろうと思った。
周りの大人たちは着飾ってるのに、この人はヨレヨレでボサボサだ、ということに驚いた。
でも、なんだかいい感じがする人だ、と思った。
そのおじさんは、演奏会を途中まで聴いて、また、ふら〜と帰って行った。

後日、そのヨレヨレおじさんが、『ひょっこりひょうたん島』や、
その頃読んでいた『偽原始人』・『ドン松五郎の生活』などの作者の
「井上ひさし」さんだったのだと気づいた。
井上さんと佐藤秀廊先生(当時の佐秀会主宰)とは、
井上さんの東北時代にハーモニカを通じてご縁があったそうで、
佐秀会の名誉会員になっていただいたのだそうだ。

少し大きくなってから、家にあった『吉里吉里人』を読んだ。
方言に馴染みのなかった私にとって、東北弁の文章は手ごわかった。
『吉里吉里人』は中身の面白さよりも、方言を読み下すのに四苦八苦して、
途中で読むのを止めてしまったけど・・・。

それからも、作品を読む度、井上さんがテレビに映る度に、
あの日のヨレヨレおじさんを思い出した。
あの瞬間が、子供心に強烈に焼き付いて、勝手に親近感を覚えていた。
一度でいいから、井上さんのハーモニカを聴いてみたかった。


こまつ座で勉強している知人が、ぽつりと呟いた。

「吸いすぎなんだよ…」



なんだか寂しさが増した。






井上ひさしさん、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。



※佐秀会(さしゅうかい)とは、日本ハーモニカ芸術協会(JHAA)の母体となった団体で
日本の複音ハーモニカの第1人者、佐藤秀廊先生の日本的奏法を研究し周知する
研究家集団。佐藤秀廊先生のファンクラブのようなものから派生したため、
お名前から佐秀会と名づけられた。日本ハーモニカ芸術協会の当時の愛称でもある
posted by: rondo | ハモニカ | 23:00 | - | - |-
はつがつを
 気がつけば5月。



今年も初心者講座が始まりました。


今年も受講のきっかけはやはり
「子供の頃吹いていたから」という答えが一番多くありましたが、



嬉しいことに、rondoのハーモニカを聴いて
やってみたいと思った、といってくださった方が去年より増えていた!!!



頑張ってきてよかった〜、と思える瞬間。
この調子で、地元をハーモニカの街に!




な〜んて。







しかも。


今回の受講生には・・・・・













気になる??









ヒ・ミ・ツ







張り切り過ぎないように・・・。



受講生の皆さん、宜しくお願いしますm(__)m
posted by: rondo | ハモニカ | 00:39 | - | - |-
ハーモニカアンサンブル
20050919_21968.jpg
近所の子供たちはすっかり真っ黒に日焼けして、
夏休みを終えたようです。


さてさて、今回はアンサンブルのハーモニカについて。

ハーモニカにも色々と種類があることは以前から書いてきましたが、
ハーモニカだけのアンサンブルがあることはあまり知られていません。

アンサンブル用ハーモニカでは、和音専門のコードハーモニカや
低音専門のバスハーモニカ、
その二つが一緒になって小型化したビネタなどが挙げられます。
それらのハーモニカでリズムを刻んだり、伴奏を付けた上に
クロマティックや複音などでメロディを演奏するトリオやクァルテット形式がメジャーです。

コードハーモニカには穴が192個あり、
8穴で1つの和音を形成しています。
たとえばCならドミソドが2オクターブ分、
Amならラドミラが2オクターブ分という感じ。
だから、形状はとても長いです。(わかりづらい?)
こればかりは、百聞は一見に如かず。
私が、世界でも五本の指に入るコード奏者とバス奏者で、
二人のコンビネーションは三本の指に入るのではないかと思っている人たちがいます。
二人とも私と同い年。
テンホールズを主体とした「TRIO THE Boo Who Uoo」など、
色々なアンサンブルでご活躍中ですが、
クロマティックのセクシーなお姉さまと組んでいるトリオ
「H−Sumptuous(エイチ サンプチュアス)」のホームページをリストに追加しました。
音源も載せているようなので、どうぞ。

世界中を見てみると、実にバラェティに富んだハーモニカアンサンブルがありますが、
その中で、一番印象に残っているのが、イスラエルのアドラートリオ。
95年に横浜で世界大会があったときに
来日した彼らの演奏をたまたま聴く機会があったのですが、まさに神業。
バスのヤコブさんは元空軍のサックス吹き、
コードのアドラーさんは元TVディレクター
今は、メロディ担当の方が当時とは替わって、
とっても素敵なキャサリンさん。
本当に3人だけで吹いているのかと思う程の音の厚みです。
それから、コードやバスを使わずに、クロマティックやホルンハーモニカ
(穴の並びがピアノの鍵盤のようで、吸っても音が出ないハーモニカ。写真参照
ホルンのような音がします)などで
弦楽室内楽のようなハーモニカアンサンブルをしている、
香港の「KING'S HARMONICA QUINTET」は、大好きなアンサンブルの一つです。
私もたまにアンサンブルに混ぜて頂くことがありますが、
一人では出来ないことが出来るし、とっても楽しいです。
どなたかご一緒しませんか?
posted by: rondo | ハモニカ | 10:57 | - | trackbacks(0) |-
複音ハーモニカ
20050919_21970.jpg
いつの間にか、とんぼが飛んでいます。
先日の事故で軽いむち打ちになって
しばらく仕事や外出を控えていたのですが、
秋に向けてそろそろ再始動。

さて、しばらくお休みしていた、ハーモニカについて。
今回は複音(ふくおん)ハーモニカ(Diatonic Tremolo)です。

このブログでもたびたび書いてきましたが、
ハーモニカの中でも私の一番得意な楽器なので、
簡潔にまとめるのが、思ったよりも難しそうです。


複音ハーモニカは、一つの音に対してリード(発音体)が上下2枚ついています。
その為、一つの穴に1音だけしか入っていません。
そのリードの音程を若干(人に依りますが、私は約2ヘルツ)
違わせることによって、音に揺らぎ(トレモロ)がつきます。
それが最大の音の特徴。
約3オクターヴのダイアトニック(全音階)なので
1本ずつ調が違い、それぞれの調の主音を「ド」(短音階は「ラ」)と考えた移動ドで譜面を読み、演奏をします。
半音階を出すには主調とその半音上(または下)のハーモニカを上下に重ねて持ち、
必要な音の時に上下をスライドさせて吹きます。

大きく分けて、長音階(C・Aなど)和声短音階(Gmなど)
自然短音階(Anmなど)がカスタムメイドされており、
曲によってそれらを使い分けます。

複音ハーモニカは、ドイツで生まれたものが明治時代に日本に渡来し、
日本で独自の進化を遂げてきました。
このハーモニカ独自の奏法として、音色を変えたり、
メロディを吹きながら、分散和音などの伴奏を入れることができます。

ハーモニカというと手軽で持ち運びが簡単で、という
イメージがあるようで羨ましがられます。
もちろん、クロマティックは1本で全ての調に対応するので
予備を含めても持ち運びに便利ですし、
確かにチェロやコントラバスなどに比べると楽ですが、
複音の場合、一曲で4本や9本も使うこともあり、
演奏会には、ちょっとした旅行ほどの荷物を
キャスターで転がして行くことになります。

近所のおばさんには、ただの旅行好きの放蕩娘と思われているrondoなのでした。
posted by: rondo | ハモニカ | 11:15 | - | trackbacks(2) |-
スライドクロマティック
20050919_21972.jpg
さて、「スライド・クロマティック」の方はというと、
吹き口は一段になっていますが、
吹き口の右側にボタンのようなものがついていて、
それを押すと中の穴の上下が入れ替わるというものです。
(押すと黒鍵、離すと白鍵)
つまり、一つの穴に4つの音(例:ド・ド#・レ・レ#)が入っているという。
とても頭脳的な楽器です。
3オクターヴのもの(写真上)は、フルートと同じ音域で、
4オクターヴ(写真下)はそれより低い1オクターヴがでます。
1つの穴に4音も入っているので、吹いた時に効率よくリードを鳴らすように、
リードの上にバルブと言われる薄い紙を被せてあるため、
他のハーモニカより音が出しにくく、
慣れるまでに若干、時間がかかるようです。
この「スライド〜」、ジャンルを選ばず活躍しているので
有名な奏者は多岐に渡ります。
(枚挙に暇がないので、ほんの少し挙げます)
現代では、あのStevie Wonderや
JAZZ界の大御所Toots Thielmansなどは言うまでもなく、
日本人では、大阪を中心に、有線などでご活躍の
徳永延生(とくながのぶお)さんや
クラシック界では、本場ドイツの音大でクロマティックの教鞭をとっていらして、
今年、ハーモニカ奏者として日本で初めて
音大の先生になられた和谷泰扶(わたにやすお)さんが
いらっしゃいます。
ちなみに今、私が使っている3oct.スライド・クロマティックはTootsが開発したモデルで
今年、彼が来日した際にサインを貰った、宝物です。
(ミーハーだなぁ…)
Tootsに
「どうしたらクロマティックハーモニカが上手になりますか」と質問したら、
「ハーモニカだけじゃなく、他の楽器をマスターすること、
音楽をいっぱい聴くことと、ハーモニカを愛することだよ」
と言われて、胸が温かくなりました。

その方達以外で、最近私がとても気になっているのが、
NHKの「サタデースポーツ」などで流れている
西脇辰弥(にしわきたつや)さんと
ドイツの大学のハーモニカ科を首席で卒業されて、
今、若手の女性クロマティック奏者で素晴らしい実力と人気を誇る、
竹内直子さんです。
以前、竹内さんの凱旋コンサートで聴いた『トレド〜スペイン幻想曲』は
私の大好きな演奏の一つです。

来月、紀尾井ホールで和谷さんのコンサートがあるそうなので
ご興味のある方はぜひどうぞ。
(何だか、だんだんマニアックになってきた…)

次はいよいよ複音ハーモニカ…?
posted by: rondo | ハモニカ | 22:32 | - | trackbacks(0) |-
シングルクロマティック
20050919_21973.jpg
今回は「クロマティックハーモニカ」といわれるものについてです。
クロマティックとは、半音階のこと。
その名の通り、半音階で3(機種によっては4)オクターヴ出せるので、
これ1本あれば、どんな調のメロディーでも、
好きなように吹けてしまうという、まさにお手軽ハーモニカ。

その中にも「シングル・クロマティック」と「スライド・クロマティック」とがあり
「スライド・クロマティック」の方が巷でよく知られているようです。
「シングル〜」は、単音ですが、
一つの穴に1音のリードしかついていません。
穴が上下2段に別れていて、上がピアノでいう黒鍵(♯の段)、
下が白鍵になっています。
小学校で吹いたハーモニカが2段になっていた、という方は
教育用ではなくてこのタイプだったかも知れませんね。
ミやシの♯もちゃんと上の段にあります。
これはハーモニカのアンサンブルなどでよく活躍しています。
有名なのが、大学にあるハーモニカソサェティー(ソサエァティー?)というサークル。
ハモソといいます。
実は、RONDOも大学で所属していました。
ハーモニカだけじゃなく、他の楽器も入った、ビッグバンドみたいなもの。
別に怪しい人たちの集まりではない…と思います。
あぁ、中央大学ね、とおっしゃる方はなかなかのハーモニカ通ですが、
中央大学だけではないんですよ。(確かに一番有名だけどね)
いま活動しているのは、関西学院・中央・明治・立教・早稲田の5校。
年1回、初夏に、関東の4大学が集まってお祭騒ぎの演奏会をします。
ほとんどのメンバーが独学のため、
決してハーモニカは「上手!」ではないですが(ごめんね)
とても魅力的です。


「スライド〜」は長くなるので、また次回。
posted by: rondo | ハモニカ | 11:37 | - | trackbacks(0) |-
10holes
20050919_21975.jpg
今日の風はなんだか秋らしい気がします。

さて、単音ハーモニカのお話。

リード(発音体)が1音につき一枚なのが単音ハーモニカです。
ここでは、まずテンホールズ(10holes/10穴)ハーモニカについて
簡単に紹介します。

テンホールズというのは、その名の通り、穴が10個しか有りません。
別名、「ブルースハープ(商品名)」や「ダイアトニック」とも呼ばれています。
大きさは単行本の横と大体同じです。
(写真はTOMBO・MAJOR BOY)
The Beatlesの「Love me do」の冒頭部や長渕剛、
ゆずで有名なのは、このハーモニカです。
一つの穴に、吹いた場合と吸った場合の
音のリードが1枚ずつついているので、
10個しか穴がなくても、3オクターブの音が出せるようになっています。
(但し、低音部のファとラ、高音部のシの音はありません。)
ない音はどうするかというと、「ベンド奏法」でうまく息を使って
音を半音から1音分、低くまたは高く「曲げて(Bend)」出します。
このハーモニカは後述する(多分)、複音ハーモニカと同じで
一本一本のハーモニカの調が決まっているので
転調する際にハーモニカを持ち替えたりする事が多々あります。

ちなみに、rondoが『今まで(生で)聴いたことのある中で』(←強調)
個人的に好きな奏者は、TRIO GLOBOのHoward Levyや
10年以上前に化粧品(?)のTVCMで使われていた
「The Promised Land」が有名な Lee Oskar、
日本人では八木のぶおさんや松田幸一さんです。
全部の奏者を聴いているわけではないので、
偏っています。 ごめんなさい。
あ、もちろんTrio The Boo Who Uooも好きです。
(Uさん、Aくん、Oくんすみません。アンサンブルに分けさせて頂きますね)
それから、私も参加した4年前の世界大会の、Blues.Rock.Folk.Countory部門で、
史上二人目の日本人チャンピオンになった大竹英二さんも、ご活躍中。
私は大してテンホールズに詳しくはないのですが、
そういえば、女性で有名なテンホールズ奏者っているのかな?

大阪以外のライブハウスで「ハーモニカ/Harm」とか
「ハーピスト」なんて見かけたら、
この楽器である確率が非常に高い(8〜90%?)と思います。
posted by: rondo | ハモニカ | 17:28 | - | trackbacks(0) |-
譜読み
近所の子供たちは、今日も朝から元気でした。

さて、私の専門は複音(ふくおん)ハーモニカといいますが、
これは、五線譜ではなく、
数字譜(1=ド・2=レ・7=シetc.)という略譜を主に使います。
と、いうのも、固定ドではなく、移動ドで考えるからです。
(つまり、ハ長調のソはト長調のドで変ロ長調のラだから、
ト短調の主音で、そうしたら、この和音を出すには
この調のハーモニカが必要で…とか考えていくのだけど、専門的な話はまたね)
なので、五線譜で書かれた音楽は、
数字譜に直して譜読みをしていきます。
これが結構、手間がかかるのです。
しかも、複音ハーモニカには様々なテクニックがあるのですが、
それが五線譜で書かれていると、???なのであります。
和音でハーモニカを選ばなくてはならないので、
和音を優先して沢山の本数を持つか、
でも一度には4本が限界なので、いかに本数を抑えて(和音などを抜いて)
その雰囲気を出すか、そこが作/編曲者さんとの駆け引きの、
大変重要なポイントになります。
今日は、その駆け引きをしに、茗荷谷へ。

いつもなら、ボーダーライン上の攻防が続きます。
まさに、スリルとサスペンスの世界!
(大袈裟ねぇ…)
でも、今日はとても和やかに、
平和的解決ができたので、
にこやかに帰って来ることができました。
帰りに立ち寄った中国茶のお店で頂いた
杏仁豆腐のおいしかったこと!

これから数字譜に落とさなくちゃいけないこと、すっかり忘れてました

posted by: rondo | ハモニカ | 23:41 | - | trackbacks(0) |-