Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
最終日
珍しく、曇り。
そろそろ晴れ女パワーにも疲れが見え始めたかな(笑)
「ヨーロッパ・ハーモニカツアー」の方たちと一緒に
午後の飛行機で日本に戻るのだけど、
その前に、まだまだ観ていないところが沢山あるので
荷造りもそこそこにホテルを飛び出す。
まずは、サン・ルイ島からシテ島のノートルダム大聖堂へ。
サンルイ島は建物の建築様式が違うのでみものですよ、と言われていたけど、
本当に、タイムスリップしたみたい。
思わず叫び出したくなる衝動を堪えて(祝日の朝だからね)シテ島に向かう。
途中で道が判らなくなって往生していると、
お散歩途中のおじさんが丁寧に教えてくれた。
礼を言って店先のウィンドウを覗きながら
ぶらぶらと、おじさんに教えて貰った曲がり角まで行くと(所要時間約10分)
何と、おじさんが角で待っていてくれて(!)
「この道をまっすぐ行くと、あそこに見える塔がノートルダムだから」
といって(多分。フランス語だったからよく分からないけど)
指さしてくれたのだ!
おじさん、やさしい・・・(感動)
やさしいと言えば、初日に地下鉄のドアが開かなくておろおろしていたら、
(ボタン式なのに、ボタンを押しても開かなかった)
近くにいた人が2〜3人で開けてくれたり、
乗り換えを間違えるのじゃないかと心配して
連れてってくれたり、噂に聞くよりみんな親切だったなぁ。

優しいおじさんのお陰で、無事ノートルダムに辿り着く。
アーチが綺麗!というのが第一印象なのだけど、
こんな大きな建物、天井のアーチなんて
どんな風に建てられたんだろう?
と、しばし想像をふくらませてみる。

そんなことをしているうちに、残り時間もあと僅か、
パン屋さんでクロワッサンやバケットを買い込み
(ほんと、美味!)
バスティーユ広場から、アンティーク市をやっているセーヌ川沿いを
ホテルまで歩く(10日間、よく歩いたぁ!)

帰り際、お世話になったガイドさん
(フランスの方と結婚されて現地に住んでいらっしゃる女性)が
「私もたまに里帰りしますけど、東京って、
1年もしないうちに変わってしまって、
帰ってきたって感じがあまりしないでしょう?
でも、パリはね、10年後にまたいらしても、
変わらずあなたを迎えてくれる、そんな気がするんですよ。」
と仰有っていたのが印象的でした。
posted by: rondo | 旅行 | 12:17 | - | trackbacks(1) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 12:17 | - | - |-
この記事のトラックバックURL
http://rondo.jugem.jp/trackback/74
トラックバック
2006/01/09 12:12 PM
アーチアーチは、中央部が上方向に凸な曲線形状をした梁、もしくは上方向に凸な曲線形状そのもの。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Wikipediaより引用- Article- History- License:GFDL...
建築辞典