Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
ラヴェル
Jean Echenoz『Ravel』
(Les E´ditions de Minut,2006) 

ラヴェル                       

作曲家、モーリス・ラヴェルの晩年を描いた本です。
非常に映像的な文体でした。


作曲家って、何を考えているのか分かりません。
ただ、徹底的に頭がいいと思います。
ほとんど狂気と紙一重。
けなしているわけではなく、
だからこそ、あれだけの傑作が生まれ
後世に残っていくのでしょうね。


ラヴェル


好きな作曲家の一人です。

もっとも有名な曲は「ボレロ」ですね。

ラヴェルのボレロなのか
ボレロのラヴェルなのか

わからなくなることは…ありませんか

洒落男の名高き彼が
どんな晩年を過ごしたか、
どれだけの名声を得
どんなふうに壊れていったか
実際の書簡などをもとに創作しています。

「La Valse」が聴きたくなりました
posted by: rondo | | 20:07 | - | - |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 20:07 | - | - |-