Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
切ない話。
清々しいお天気になりました。
 
Merry Christmas!


今年は久しぶりに、クリスマス当日の演奏会がなかったので
珍しく1日予定なし


それで、向かった先は日比谷・日生劇場。
前日予約ですべり込み
十二月大歌舞伎『摂州合邦辻(せっしゅうがっぽうがつじ)』
菊之助丈の玉手御前、通し狂言では初役、楽日です。


1月、国立劇場の菊五郎劇団はもちろん申し込みました
が、
玉手御前は女形の大役。

初役ですから、歌舞伎好きの先輩である祖母などは
「今回行かなくても、これからまだ練れてくるよ。
いい芝居を見たければ、またにしなさい」
と言っていましたが、
立女形としてもそろそろ転換期を迎えるであろう
菊之助丈の芝居は観ておきたかったのです


筋を簡単に言ってしまうと、
継母(玉手御前)が継子に恋をして
その継子を守るために毒薬を飲ませ、
その解毒に自分の血が必要なことから
自ら親の刃にかかり命を絶つ、というものです。
(かなり省略したぞ。そんな簡単にしてよいのかな?)


…壮絶ですね。何とも切ない。


本当に恋をしたのか、それとも策略なのか、諸説ありますが
いずれにしても役者の力量が求められる芝居です。

で、どうだったかというと、


素晴らしい!


の一言に尽きます。
細かく言おうとしても、筆舌に尽くしがたい。
久しぶりにいいお芝居を観た感動で一杯です。


お正月に祖母と話す話題ができました。
posted by: rondo | 遊び | 23:46 | - | - |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:46 | - | - |-