Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
またまたギリギリセーフ

オルセー美術館展2010「ポスト印象派」@国立新美術館


オルセー美術館が改修工事のため
世界各国にたくさんの所蔵品を貸し出してくれているそうです。
太っ腹なオルセーさん


夏休みということもあってか、入場までに40分並び、
その後も人を見ているのか
絵を観ているのか判らないほどの混みよう。
久しぶりの外出で、珍しく人酔い…



ポスト印象派ということで、
モネ、スーラ、セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャン、
ルソー、ポン=タヴェン派やナビ派など
素晴らしい作品が次から次へと…


ゴッホの「星降る夜」やゴーギャンの「タヒチの女たち」
ルソーの「戦争」など、マスターピースたちも然る事ながら
今回、ハッと目を惹いたのが
ジョルジュ・レメンの「ハイストの浜辺」。
ヴィヴィッドな点描に一瞬、かなり驚きました。


ベタですが、モネの「ロンドン国会議事堂、霧の中に差す陽光」や
スーラの「グランド=ジャッド島の日曜の午後」は好きな作品です。
スーラの「サーカス」のエスキース(デッサン)も観られたし
ナビ派やポン=タヴェン派
(最近はポン=タヴァン派とは呼ばないそう)の作品も
多数あり、平面的な感じに至る過程がよく解かってよかったです。


とかナントカ言いましたが、やっぱり一番の人だかり
ゴッホの「星降る夜」は生で観ると迫力がありました。


明日まで。


Kさま、Sさん、ありがとうございました

posted by: rondo | 遊び | 23:00 | - | - |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:00 | - | - |-