Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
複音ハーモニカ
20050919_21970.jpg
いつの間にか、とんぼが飛んでいます。
先日の事故で軽いむち打ちになって
しばらく仕事や外出を控えていたのですが、
秋に向けてそろそろ再始動。

さて、しばらくお休みしていた、ハーモニカについて。
今回は複音(ふくおん)ハーモニカ(Diatonic Tremolo)です。

このブログでもたびたび書いてきましたが、
ハーモニカの中でも私の一番得意な楽器なので、
簡潔にまとめるのが、思ったよりも難しそうです。


複音ハーモニカは、一つの音に対してリード(発音体)が上下2枚ついています。
その為、一つの穴に1音だけしか入っていません。
そのリードの音程を若干(人に依りますが、私は約2ヘルツ)
違わせることによって、音に揺らぎ(トレモロ)がつきます。
それが最大の音の特徴。
約3オクターヴのダイアトニック(全音階)なので
1本ずつ調が違い、それぞれの調の主音を「ド」(短音階は「ラ」)と考えた移動ドで譜面を読み、演奏をします。
半音階を出すには主調とその半音上(または下)のハーモニカを上下に重ねて持ち、
必要な音の時に上下をスライドさせて吹きます。

大きく分けて、長音階(C・Aなど)和声短音階(Gmなど)
自然短音階(Anmなど)がカスタムメイドされており、
曲によってそれらを使い分けます。

複音ハーモニカは、ドイツで生まれたものが明治時代に日本に渡来し、
日本で独自の進化を遂げてきました。
このハーモニカ独自の奏法として、音色を変えたり、
メロディを吹きながら、分散和音などの伴奏を入れることができます。

ハーモニカというと手軽で持ち運びが簡単で、という
イメージがあるようで羨ましがられます。
もちろん、クロマティックは1本で全ての調に対応するので
予備を含めても持ち運びに便利ですし、
確かにチェロやコントラバスなどに比べると楽ですが、
複音の場合、一曲で4本や9本も使うこともあり、
演奏会には、ちょっとした旅行ほどの荷物を
キャスターで転がして行くことになります。

近所のおばさんには、ただの旅行好きの放蕩娘と思われているrondoなのでした。
posted by: rondo | ハモニカ | 11:15 | - | trackbacks(2) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 11:15 | - | - |-
この記事のトラックバックURL
http://rondo.jugem.jp/trackback/14
トラックバック
2007/05/07 2:48 PM
迅速な対応、丁重な梱包で、感謝しています。機会があったらまた取引したい。・06.04.08 複音ハーモニカ入門・複音ハーモニカ・複音ハーモニカの楽譜って・ハーモニカが上手になりたい・初めの頃のハーモニカ練習のこつ。・健さんのハーモニカ・オクターブバスハーモニ
ハーモニカがたくさん
2007/05/20 8:20 PM
短音階短音階 (たんおんかい) とは、全音階の一種で、ii度音(音階の下から数えて2番目の音)とiii度音、v度音とvi度音の間が半音である。もっとも基本的な短音階は左記のような自然的短音階である。これ以外には、和声的短音階、旋律的短音階が存在する。一般的に、短音
音楽を奏でる(理論編)